青汁の種類

青汁の原材料には野菜が使われていますが、ほうれん草やキャベツといった見慣れた野菜ではなく、ケールや大麦若葉などの栄養価の高い野菜が選ばれています。初期の青汁で最も利用が多かったのは「スーパー野菜」と呼ばれるケールでしたが、ケールには苦味があって飲みにくいことから、甘味のある大麦若葉などのほかの野菜が増えてきました。

現在、青汁の種類は、ケールや大麦若葉をはじめとして、明日葉、桑の葉、熊笹など、いろいろな野菜が使われています。また、一種類だけでなく、抹茶や緑茶などをブレンドして、よりいっそう飲みやすいように工夫されています。これは、飲みやすくないと売れないからでしょう。野菜ジュースなどは飲みやすいようにフルーツが入っていますが、甘味を出すためには、どうしてもほかの何かを加える必要があります。初期のものに比べると、だいぶ飲みやすいものに味が変わってきましたが、それ以上に大きな変化を遂げているのは、その形状です。

粉末タイプ以外に、ドリンクタイプ、錠剤タイプ、ゼリータイプ、冷凍タイプ、フリーズドライタイプなど、だいぶ変わってきています。青汁は1ヶ月分とか2ヶ月分をまとめて、パッケージとして販売されているので、保存して利用する必要があります。そのため、新鮮な状態を保つことのできる冷凍タイプやフリーズドライタイプが考えだされました。錠剤タイプなども携帯しやすく、味や飲みやすさを考えずに利用することができます。当サイトでは青汁の種類を紹介します。

Copyright © 2014 青汁の種類 All Rights Reserved.